業務内容

業務内容

浄化槽保守点検

一般家庭・マンション・飲食店・企業等の浄化槽を周り、より良い水質の排水が出るように法律で定められた点検や浄化槽不調時の調査及び修理などの維持管理をしています。

修繕・工事

家庭や工場などの風呂や台所などの水廻りや排水設備・浄化槽の修繕や新設工事を設計から施工まで一括受注管理の責任ある工事をしております。

浄化槽清掃

浄化槽の機能低下を防ぐため、バキューム車にて浄化槽に流れ込み貯留した汚物の引き抜き清掃及び運搬を行っています。

汲み取り収集

江南市内の企業や一般家庭などから、汲み取り式トイレ汚物の収集及び運搬を行っています。

ゴミ収集

江南市の委託を受け、パッカー車にて家庭ゴミの収集及び運搬を行っています。

業務内容 業務内容 業務内容
浄化槽とは

はじめに

下水道等に接続している場合や合併処理浄化槽を設置している場合以外は、台所や風呂、洗濯で使われた水が未処理で身近な側溝を経て、周辺の河川・水路などに放流され、最後に伊勢湾・三河湾に流れ込む事により、水環境の保全を考える上で大きな問題になっています。

このため、環境局はじめ県や市町村も合併処理浄化槽の設備及び、単独処理浄化槽から合併処理浄化槽への転換の普及・促進を推進しております。

さらに平成13年4月からは、浄化槽の設置の際には合併処理浄化槽が義務づけられ、既に設置されている単独処理浄化槽については、合併処理浄化槽への設置換えに努めなければならないとする改正浄化槽法が施行されました。

しかし、せっかく浄化槽を設置しても維持管理(法定検査、保守点検、清掃)を怠れば、きれいな川や海を保全することはできません。

浄化槽とは

浄化槽を使用する場合の法的義務

浄化槽法では、浄化槽の所有者などを「浄化槽管理者」と定め、次のような義務があります。(戸建て住宅の場合、一般にはお住まいの方が「浄化槽管理者」となります。)

  1. 浄化槽の保守点検・清掃を毎年、法律で定められた回数行い、その記録を3年間保存しなければならない。
    ただし、保守点検・清掃は専門知識や技術が必要なため、資格のある業者に委託することができる。
  2. 指定検査機関の行う水質に関する検査(法定検査)を受けなければならない。
    これには、浄化槽の設置等の後は一定期間後に行う検査と毎年行う定期検査の2種類の検査があります。

なお、これらの規定に違反すると、行政処分を受けたり処罰されることがあります。

浄化槽を使用する場合の法的義務

対応エリア

江南市・大口町・扶桑町を中心とした愛知県全域

江南市・大口町・扶桑町

江南市

江南市・大口町・扶桑町
事業系ゴミ

PAGETOP